WiFiやAirDropが使えないのはUSB3.0のせいかもしれない

パソコン
  • Wi-Fiに接続しているはずなのにインターネットがつながらない
  • なぜかAirDropが使えない

↑のような場合、犯人はUSB3.0かもしれません。

スポンサーリンク

USB3.0機器は妨害電波を発する場合がある

USB3.0機器には、2.4GHz帯のWifiを妨害するという技術的欠陥があります。

きちんとしたUSB機器であればシールドが施されており、妨害電波を外部に漏らすことはありません。

しかし、中にはシールドが不十分な機器もあります(安物のUSBハブなど)。
そうした機器は、作動中に妨害電波を発生させてしまいます。

厄介なのは、電波妨害が発生していてもPC上ではWi-Fiに正常につながっているかのように表示される点です。
そのため、「Wi-Fiにつながっているはずなのになぜかホームページが表示されない」といった事態が起こります。

対処法

  • USB3.0を使用している機器の電源を切る(またはUSB端子を抜く)
  • シールドが施されたUSB機器やケーブルを使う
  • 5GHz帯のWi-Fiに切り替える

とりあえず怪しいUSB3.0機器やケーブルを引き抜いてみてください。
症状が治まったなら、それが犯人です。

シールドされている機器を確実に見分ける方法は、私には分かりません。
USBケーブルの場合であれば、ケーブルの被覆が透明で、内部が金属ワイヤーで覆われていることが分かる製品を選ぶと良いかもしれません。

AirDropについて

AirDropを使用するには、2.4GHz帯のWifiとBluetoothが必要です。

そのため、妨害電波を発するUSB3.0機器が傍にあると使えなくなります。

電子レンジにも注意

2.4GHz帯は作動中の電子レンジによっても妨害されます。

そのため、電子レンジの使用中には2.4GHz帯のWifiやBluetoothが切断される場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました