【3Dプリンタ】CreateBot用ダイヤル

家電

CreateBotのダイヤルが壊れたため、3Dプリンタで制作しました。

スポンサーリンク

ダウンロード

STLデータのダウンロードはファンティアからどうぞ(無料です)。

使い方など

操作がタッチパネルではなくダイヤル式だったころのCreateBot用パーツです。

ローレット加工がしてあるので、テストプリントにも使えるかもしれません。

ローレット加工の手順は下記の記事を参考にしました。

AutodeskのFusion360で”ローレット加工”を作る
Autodeskの3DCAD『Fusion 360』でローレット加工を作りました。初めは上手く出来なかったのだ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました