【3Dプリンタ】CreateBot用ダイヤル

家電

CreateBotのダイヤルが壊れたため、3Dプリンタで制作しました。

Amazonでよく買い物をするあなたへ

Amazonプライム(月額税込み500円)に登録すると……
  • 対象商品のお急ぎ便やお届け日時指定便が無料
  • 10,000本以上の映画やテレビ番組が見放題
  • 1,000冊以上の電子書籍が読み放題
  • 30日間の無料体験あり(無料体験期間中のキャンセルも可能)
\ そのほかの特典もチェック /

ダウンロード

STLデータのダウンロードはファンティアからどうぞ(無料です)。

使い方など

操作がタッチパネルではなくダイヤル式だったころのCreateBot用パーツです。

ローレット加工がしてあるので、テストプリントにも使えるかもしれません。

ローレット加工の手順は下記の記事を参考にしました。

AutodeskのFusion360で”ローレット加工”を作る
Autodeskの3DCAD『Fusion 360』でローレット加工を作りました。初めは上手く出来なかったのだ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました