Quest2 Eliteストラップに敗北した話

ゲーム

現時点のVR機器では最高にコスパが良いOculus Quest 2ですが、1つだけ欠点があります。

それは、ヘッドバンドが貧弱なこと。


ただのゴムバンドのためホールド性がすこぶる悪く、簡単にずり下がってきます。
そのままではとても使えたものじゃありません。

そこで、後頭部にダイソーのバッテリーをくっつけてカウンターウェイトにしていたのですが…

ずれ落ちるのを完全に防ぐことはできませんし、動くたびにバッテリーが跳ねて気が散ります。

そこで、前から気になっていたEliteストラップを思い切って買ったところ…
「もっと早く買えばよかった!」と思いました(記事タイトルの「敗北」とはそういう意味です)。

ちなみに、Eliteストラップにはバッテリーありモデルとなしモデルがありますが、Amazonレビューで付属バッテリーの評判が悪かったためバッテリーなしモデルを選びました。

スポンサーリンク

外観

Quest2本体と同じく、パッケージはシンプルです。

Quest2に装着した図。

側頭部から後頭部にかけて伸びている白いバンドは、少しだけ弾力のあるプラスチック製です。
もともと付属しているゴムバンドとは違い、くしゃくしゃっと折りたたむことはできない点に注意。

頭頂部にくる黒いバンドはマジックテープがついた布製です。

横からの写真。

後頭部をホールドするカップ状の部分はそこそこ重さがあります。
そのため、カウンターウェイトとしてもちょうど良いです。

バンドを調整する際は、後頭部のダイヤルを使います。

ダイヤルを回すと側頭部のバンドが伸縮します。

後頭部のカップと相まって、ホールド性は抜群です。

ただ、ゴムバンドのような伸縮性は皆無のため、

  • 被るとき:ダイヤルを回してバンドを縮める
  • 外すとき:ダイヤルを回してバンドを伸ばす

といったように、つけ外しに少し手間がかかるようになります。

良い点

ずれにくくなる

Eliteストラップの一番のメリットがずれにくくなること

ダイヤル式バンド+後頭部のカップにより、ホールド性は抜群です。
いちどHMDの位置を決めてしまえば、ズレを気にする必要がなくなります。

BeatSaberのような動きの激しいゲームでは特に恩恵を感じます。

バランスが良くなる

後頭部のカップはそこそこ重いため、カウンターウェイトとしての効果もあります。

前後のバランスが良くなることで、

  • HMDがズレ落ちにくい
  • 装着時の違和感が軽減される

といった恩恵があります。

ゲーム画面が見やすくなる

「ずれにくくなる」とも関連するのですがEliteストラップをつけるとゲーム画面が見やすくなります

ゲーム中にHMDがずり落ちてこないため、いちど目のピントが合いやすい位置にHMDを固定してしまえば見やすさがずっと維持されるのです。

それだけで画面の解像度が上がったように感じられるため、ゲームがより楽しくなります。

悪い点

つけ外しが面倒

ヘッドバンドがダイヤル式で、かつゴムのような伸縮性はありません。

そのため、つけるときも外すときもダイヤルを回す必要があり、少し面倒です。

収納に困る

ヘッドバンドに柔軟性は殆どないため、折りたたむことは不可能です。

そのため収納場所に困ります。

寝転べない

後頭部のカップは硬い素材のため、寝転んだり椅子にもたれかかったりができなくなります。

全くできないことはないのでしょうが、破損が怖くて試していません。

まとめ

デメリットもいくつかありますが、圧倒的にメリットのほうが大きいです。

HMDのズレ落ちを気にせずにゲームに没頭できるようになったので、本当に買ってよかったと思いました。

初期投資を少しでも抑えたいのなら、まずは100円ショップのグッズを使ってみて、それでも不満があるのならぜひ購入を検討してみてください。

おまけ:おてがる収納ケース

Amazonレビューで紹介されていた収納方法です。

Eliteストラップの外箱をそのまま利用することで、本体とコントローラーをスッキリ収納できます。
この場を借りて投稿者の方にお礼申し上げます。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました