100均グッズで『Oculus Quest2』を改造して快適にする

ゲーム

前回の記事でご紹介したとおり、『Oculus Quest 2』でのVR体験は素晴らしいものです。

しかし、Quest2には次のような弱点があります。

  1. フロントヘビーであるため、重心が前の方になって首に負担がかかる
  2. バッテリーが約2時間しかもたない
  3. 固定にゴムバンドを使っているため、激しく動くとずれやすい

今回は1番めと2番めの問題を中心に考え、ついでに3番めの問題も軽減するカスタマイズをご紹介します。
ネタバレすると、「後頭部にバッテリーを取り付けてカウンターウェイトにし、前後のバランスを改善することでバンドのズレ落ちを防ぐ」作戦です。

スポンサーリンク

完成品

いきなりですが、完成品はこちら。

後頭部に青いポーチがくっついているのが分かりますでしょうか?

ポーチの中身はダイソーのバッテリーです。

バッテリーの大きさはスマホとほぼ同じです。

ダイソーで売っていますが、価格は1000円
500円のもありましたが、1000円のほうが充電容量が大きいのでおすすめです。

充電に使うUSB-AーUSB-C変換ケーブルも、これまたダイソーで購入しました。

ちなみに、ケーブルタイ(マジックテープ式)もダイソーのものです。

ケーブルの長さには余裕があるため、充電中も普通にプレイすることができます。

モバイルバッテリーをフル充電にしておけば、『Oculus Quest 2』を1回と少し充電できます。
つまり、合計で4〜5時間ほど遊べます

使用した材料は

  1. ポーチ
  2. モバイルバッテリー
  3. 充電ケーブル
  4. ケーブルタイ

の4つです。すべてダイソーで買えました。

構造解説

ここではポーチの取り付け方について説明します。

ポーチはQuest2のバンドに2箇所で留めています。

下側の固定には、マジックテープ式のケーブルタイ(下の画像)を短く切ったものを使用。

上側の固定は、端切れを巻きつけて両端をホチキスでつないでいます(写真では、ホチキスはポーチ側に隠れて見えません)。

Q:なぜ上側もケーブルタイを使わなかったのか?
A:頭に直接当たる部分なので、ケーブルタイだと痛かったからです。

また、ポーチのバンドの中央(ケーブルタイと端切れの間)を、ポーチごと横方向に縫いつけています
縫った理由は、ポーチが暴れるのを軽減するためです。

あと、チャックがチャリチャリ揺れてうるさかったので、ナイロンロープに取り替えました。

これでゲームがかなり快適になります。

まとめ

後頭部にモバイルバッテリーを装着することで、バッテリーがカウンターウェイトとなって前後のバランスが良くなりました

思ったよりも効果が高く、

  • 首が痛くなくなった
  • HMDがずれ落ちにくくなった
  • 長時間遊べるようになった

良いことづくめです。

「材料をそろえて作るのが面倒くさい」という方には、純正の『Eliteストラップ』か『バッテリー付きEliteストラップ』、『バックヘッドバッテリー』を使うという手もあります。

自分で作るのは楽しいですし技術も身につきますが、「時は金なり」という考え方もありです。

もしも『Oculus Quest 2』をまだ買ってないという方はぜひ一度体験してみてください。
きっと感動すること間違いなしです。

Quest 2』の詳細に関しては、私の前回の記事を読んでいただけると嬉しいです。

追記

Eliteストラップには勝てなかったよ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました