誤作動するPS3コントローラーの修理

ゲーム

久しぶりにPS3で遊ぼうとしたら、何も入力していないのに勝手にカーソルが動くようになっていました。今回はそんなコントローラーの修理をしてみます。

始めに言っておきますが、修理は非常に簡単です。

スポンサーリンク

故障内容

何もしていないのに勝手に方向キーが入力されているようです。
カーソルがすごい速さで暴れるため、とてもゲームどころではありません。

原因

経年劣化でコントローラー内のバッテリーやら基盤やらが動くようになるせいとのこと。
出典:【修理】PS3のコントローラーが最近荒ぶるという話し。:MUSKAのてきとーなひととき ~しょせん世の中三日坊主~ – ブロマガ

修理

以下のリンクを参考に、バッテリーを押さえつけて固定する手法を実践しました。
参考:PS3 コントローラー 誤作動するので修理してみた – ちょっぴり幸せになる

まずは裏面に見えているねじをすべて外します。

次に、ホームボタンの下にあるつめを外すと裏蓋が外れます。

この個体は上記リンクのものとはバッテリーの大きさや固定具の形状が異なるようです。

つめはこの位置(黄色の丸)にあります。

裏蓋側が凹(メス?)です。

本体側のつめが凸(オス?)。

私は蓋を開ける際に折ってしまいました… 外側からは見えないのでご注意ください。

上記リンクではティッシュを使用していたが、私は下の写真のようにゴム板(たしか、厚さ1mm)を両面テープで貼り付けました。

個人的に、ティッシュだと耐久性・繊維の脱落・発火が不安です。

結果

無事に不具合が治りました。

しかし、ふたを留めるつめを折ってしまったので、ふたを瞬間接着剤と養生テープで留めることになり、少々不格好になってしまっています。

もう少し注意深く作業をしたいものですね。
逆に言えば、多少失敗しても最終的にはなんとかなるので、みなさんもお気軽にDIYに挑戦してみてください。

DIY修理の関連記事

【カシオ エクスワード 】電池を異様に消耗するようになった電子辞書(XD-B4800)の修理

SATA電源から出火した光学ドライブの修理

コメント

タイトルとURLをコピーしました