【MAZDA2(DJデミオ)】自作スリム車検証ケース

知人から、

  • マツダ2(DJデミオ)の車検証入れが分厚くて邪魔くさい
  • 車検証入れを助手席の下に置きたい

と相談を受けました。

マツダの車検証ケースって、電話帳なみに分厚いんですね…
最初に見た時はかなり驚きました。

というわけで、「助手席の下に置けるスリムな車検証ケース」を目指して完成したものがこちら。

スポンサーリンク

解決したかったこと

車検証入れがグローブボックス内を占拠するのをなんとかしたい。

そのために、車検証入れを薄くし、助手席の下に格納できるようにする。

自作車検証ケース

あらためまして、こちらが完成品の外観です。

100円ショップのA4書類ケースを使いました。

フタを開けるとこんな感じです。

使用頻度が高そうなメンテンスノートを右側に、メンテナンスパックの証書?(うろ覚えです…)などを左側に配置しています。

上の写真の左側に見える白いものは、封筒を適当な大きさに切って作った書類入れです。
クリアファイルのように、横から書類を取り出せるようになっています。

側面から生えている黒い物体は、黒い工作用紙+カーボン調シールで作ったベロです。
カーボン調シールは100円ショップで買いました。

フタを閉じたところ

ベロをつまんで持ち上げることで、メンテナンスノートと書類入れをいちどに移動させることができます

メンテナンスノートと書類入れを上に移動させた図

下の段には、左側にMAZADA2本体の説明書、右側にその他の説明書を入れました。

書類をどけたところ。

上の写真、クリアケースの下半分にある黒い四角は、黒い工作用紙+カーボン調シールで作った仕切り板です。
工作用紙の黒の部分が裏面に、カーボンシールを貼った部分が表面に来るようにしました。

クリアケースの上半分にある白い四角は、クリアファイルに持ち手用のベロをつけたものです。
間仕切り兼車検証などの書類入れとして機能します。

クリアファイルを裏から見た様子

さらに、クリアファイルの中にも仕切りを作りました。

クリアファイル用仕切板の作り方

いらないクリアファイルを用意し、

適当な大きさに切り(タブ部分を忘れずに残してください)、

タブ部分にカーボン調シールを貼り、ファイルに挟み込めば完成です。

タブの位置は、書類ケース内のくぼんでいる部分に来るようにご注意ください。

クリアファイルに仕切板を入れることで、車検証・保険証書・領収書などを分けて保管できるようになります。

収納した様子

今回作った車検証ケースは、助手席の下にピッタリ収まります。

配線類を避けてうまいこと入ってくれました。

ただ入れただけでは走行中に滑り落ちてくるので、助手席の下の黒いプラスチックカバー(?)の上に↓のような形の滑り止めを貼っています。

滑り止めの貼り付けには、3Mの防水両面テープを使いました。

このテープ、大抵の材質ならなんでも貼り付くので重宝します。

ちなみに、車検証ケースづくりに使用した両面テープも3Mの強力薄手です。

粘着力が高く、それなのにきれいに剥がしやすいのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました