東京マルイ ハイキャパの連射時にハンマーが落ちない問題を解決する

ガスガン

東京マルイのハイキャパは言わずと知れたロングセラーです。

しかし経年劣化により、連射時にディスコネクターが戻りにくくなるという問題があります。
これが起きると、トリガーを引いてもハンマーが落ちなくなり、連射時に大きなストレスとなります。

そこで今回は、その問題を解決するカスタマイズ方法をご紹介します。

Amazonでよく買い物をするあなたへ

Amazonプライム(月額税込み500円)に登録すると……
  • 対象商品のお急ぎ便やお届け日時指定便が無料
  • 10,000本以上の映画やテレビ番組が見放題
  • 1,000冊以上の電子書籍が読み放題
  • 30日間の無料体験あり(無料体験期間中のキャンセルも可能)
\ そのほかの特典もチェック /

問題の原因

連射できない原因は、トリガーを戻してもディスコネクターが上がらないことです。
おそらく、シアースプリングが経年劣化でへたってくるせいだと思います。

解決策

よく紹介されている解決法は、シアースプリングを曲げることです。
しかし、その方法ではいずれまたスプリングが弱り、元の木阿弥になります。

そこで、今回は別の方法を試してみます。

下の写真をご覧ください。
黄色の丸で示したところが、シアーとディスコネクターが接する部分です。

このうちのシアー側を削ってやることで、トリガーを少し戻しただけでもディスコネクターがスムーズに上がるようになります。ただし、削りすぎに注意

というわけで削りました。

最後は目の細かい紙やすりで磨き、なるべくディスコネクターが引っかからないようにしています。

これで完成のはずが…
組みなおして確認してみると撃てません。
どうやら削りすぎたせいでディスコネクターの突起がシアーに届かなくなったようです

というわけでアルミ板を貼ってみました(ピンボケで見にくいですが…)。

組み込むとこんな感じ。

アルミ板が貼られているのがわかるでしょうか?

接着剤で貼り付けたのですが、強度が不安です。
溶接並みの接着強度を誇るというオートウェルドを使えると安心かもしれません。

ついでにシアーの裏側も研磨し、ディスコネクターの動きを阻害しにくくしました。

結果

連射時、トリガーの戻しが少なくてもハンマーが落ちるようになりました。
これにより、連射がスムーズにできるようになり、とても快適です。

ただし、完全にトリガーを戻した状態からハンマーが落ちるまでのトリガーストロークは長くなるため、慣れるまでは違和感がありました。
また、トリガーの遊びの部分が長くなり、奥まで引き切らないとハンマーが落ちません。

なお、本カスタムを試す場合はくれぐれも削りすぎにご注意ください。

謝辞

本カスタムを行うにあたり大変参考にさせていただいたサイトがあるのですが、残念ながらもう一度見つけることができませんでした。
見つけ次第リンクを設置させていただきます。

また、この場を借りて当該サイトの管理者様にお礼を申し上げます。
有用な情報をお伝えくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました