マザーボードの選び方【スリムケースでハイスペックPCを自作する その2】

パソコン

最初にCPUを選んだら、次はマザーボードを選びます。
スリムケースの場合、選択肢はMicro ATX規格に限られるため初心者にも選びやすいです。

前の記事はこちら。

【スリムケースでハイスペックPCを自作する】シリーズのまとめ(目次)記事はこちら。

Amazonでよく買い物をするあなたへ

Amazonプライム(月額税込み500円)に登録すると……
  • 対象商品のお急ぎ便やお届け日時指定便が無料
  • 10,000本以上の映画やテレビ番組が見放題
  • 1,000冊以上の電子書籍が読み放題
  • 30日間の無料体験あり(無料体験期間中のキャンセルも可能)
\ そのほかの特典もチェック /

マザーボードの選び方

私がマザーボードを選定したときの優先順位は次のとおりです。

  1. Micro ATX規格であること
  2. Intelの第8世代CPUが搭載できること
  3. 拡張性が高いこと
  4. コストパフォーマンスに優れていること
  5. 将来のアップグレードにも対応できること

このうち、黄色で示した1番と2番は必須項目です。
スリムケースの時点でMicro ATX規格しか入りませんし、最初に選んだCPUが搭載できなければ話にならないからです。

それに加えて、赤で示した項目を重視しました。

青で示した項目は『今回選定したCPUよりも新しい世代のものを搭載できる』という意味です。
こちらについては、「あったらいいかな」くらいのつもりで選びました。

ASRock H370M Pro4

上に示した項目を全て満たすマザーボードを探した結果、ASRock H370M Pro4に決めました。

主な仕様は下表のとおりです。

装備仕様や数など
CPUインテル 第8~9世代
メモリDDR4-2666 4個
ストレージSATA3 6.0 Gb/s 6個・M.2ソケット (Key M) 2個
PCI Express 3.0 x16 スロット2個
有線LANギガビット LAN 10/100/1000 Mb/s
Wi-Fi・Bluetooth(拡張)M.2 ソケット (Key E)
モニタ出力HDMI・DVI-D・D-Sub 各1個
USBポート(背面)USB2.0 2個・USB3.1 Gen2 Type-A 1個・USB3.1 Gen2 Type-C 1個・USB3.1 Gen1 1個
USBポート(拡張)USB2.0 2個・USB3.1 Gen1 2個
※M.2ソケット (Key M)とは、M.2 SSDというカード型の記憶装置を取り付けるためのスロットです。読み書き速度が異次元。
※PCI Express 3.0 x16とは、主にグラフィックボードを取り付けるためのスロットです。

表に載せた以外にも、他にもPCI Express 3.0 x1 スロット・ PS/2 ポート・オーディオジャックなど、必要なものは全てそろっています。
詳細を知りたい方は公式サイトをご覧ください。

H370チップセットはオーバークロックに対応していません
そのため、ASRock H370M Pro4とIntel Core i5-8600Kこちらでご紹介)を組み合わせてもオーバークロックは不可能です。

ASRock Z370M Pro4であればオーバークロックができますが、こちらはIntel Coreの第8世代にしか対応していませんASRock H370 Pro4は第8〜9世代に対応)。

特徴

このマザーボードはとにかく拡張性が高いです。
モニタ出力端子は3種類、SATA3は6スロット、USBも背面だけで5個あります。

メモリスロットは4つ備えており、DDR4-2666規格なので速さも十分。
よくぞこれだけ狭い中にパーツを詰め込んだものだと感心させられます。

下の写真は背面ポートの様子。2本の棒は無線LAN用アンテナ(別売)です。

USB3.0は端子が青い。

特にUSBポートの数が圧倒的で、足りなくなることはまずないでしょう。

公式ホームページからはこだわりと品質の良さがうかがい知れ、見ていて楽しいです。

オーディオの音質にもこだわっているようで、アニメをよく見る私としてはその点も高評価でした。

あと、基盤が黒いため、PCを開けたときにかっこいいです。

CPUはIntel第9世代にも対応しているため、将来的なアップデートも可能です。
この内容で低価格帯なのには驚きです。

また、パッケージ(下の写真)の右下に書かれている通り、日本語のマニュアルが付属します。

マニュアルの日本語の文章はきちんとしており、図が多いことも相まってとても分かりやすいです。
外国の製品にありがちな、「こんなひどい日本語を読むなら英語版を読んだほうがまし」という代物ではないのでご安心ください。

UEFI1の画面はマウスでも操作可能で、直感的に使えます。
昔のBIOS2と比べると隔世の感があります。

唯一の欠点はスリープ時に電源ランプが点滅することです。
UEFIの設定でも無効化することはできません。

上の写真は、青が電源ランプで赤がアクセスランプです。
休止状態かシャットダウンにすればどちらも消えます

「たかがランプの点滅でしょ」と思われるかもしれませんが、部屋を暗くして寝ているとかなり気になります。
そのため、ランプに厚紙をかぶせました。(写真では下のほうに厚紙が少し写っています)。

逆に言えば、その程度しか欠点がありませんし、その欠点も簡単に克服可能なものです。
そのため、スリムケース自作者にはASRock H370M Pro4がかなりおすすめできます。

次の記事はこちら

脚注

  1. マザーボードの設定をするためのソフトウェアのこと。
  2. UEFIの前の世代に採用されていた設定ソフト。

コメント

タイトルとURLをコピーしました