iTunesに登録した楽曲ファイルを移動させる

iTunesに登録した楽曲ファイルを移動させると、iTunes上では「ファイルが見つかりません」というエラーが出てしまいます。

そのため、例えば楽曲ファイルをCドライブからDドライブに移動させるだけでも一苦労です。

そこで今回は、こうした楽曲ファイルの引っ越しをスムーズに行う方法をご紹介します(いくつか注意点があります)。

スポンサーリンク

参考サイト

本記事の執筆にあたり、以下のサイト様を参考にしました。
本記事と併せてご覧ください。

iTunesライブラリの仕組み | iTunesの使い方 | iPod/iPad/iPhoneのすべて
Apple iPhoneの使い方、困ったときのQ&A、アクセサリカタログ、ニュースなど情報満載。iPad(アイパッド)、iPod(アイポッド)、iPhone(アイフォーン)、iPod nano(アイポッド ナノ)の製品紹介や仕様の解説も豊富。iPhoneのすべてがわかる総合サイトです。

引っ越し手順

  1. iTunesのファイル→ライブラリ→ライブラリを書き出すで、ライブラリのxmlファイルを作成
  2. iTunesを閉じる
  3. 問題が起きた時に備え、1で作ったxmlファイルを複製してバックアップする
  4. 楽曲ファイルを移動させる(フォルダ構成は変更しないこと)
  5. 1で作ったxmlファイルをテキストエディタ(サクラエディタなど)で開き、楽曲ファイルの保存場所(後述)を置換して変更
  6. iTunes Library.itlを別の場所に移動させる(すべての作業が無事に終了したら削除してかまいません)
  7. iTunesを起動すると楽曲が消えているはずなので、ファイル→ライブラリ→プレイリストを読み込むで、5で加工したxmlファイルを選択

xmlファイルの加工について

iTunesのxmlファイルでは、楽曲ファイルごとに書かれた

<key>Location</key><string>

の後に保存場所が書き込まれています。

そのため、例えばCドライブからDドライブに楽曲ファイルを移動させた場合は、

<key>Location</key><string>file://localhost/C:

<key>Location</key><string>file://localhost/D:

へ置換してやれば良いです。

注意点

上記の方法でライブラリを再読み込みした場合、下記のような現象が起こります。

  • iPhone/iPad/iPodとの同期を設定しなおす必要がある(同期を開始するとiPhone/iPad/iPod内のミュージックが全消去され、iTunesのデータに置き換えられる)
  • iTunesの表示形式がリセットされる
  • スマートプレイリストのルール内に別のプレイリストが設定されている場合、エラーが出る(手動でプレイリストを指定しなおせば直る)
  • 全ての楽曲の追加日が、ライブラリを再読み込みした日に変更される
  • チェックマークの表示が消える(設定で再度表示できますし、チェックマークの有無は引き継がれるのでご安心ください)

そのほかにも思わぬ不都合が起きる可能性もありますので、試す場合は必ずバックアップを行い、自己責任で実行してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました