【iPhone ショートカット】位置情報の許可設定をワンタップで開く方法

スマホ

私が普段使っているiPhoneでは、カメラに位置情報の使用を許可していません。
なぜなら、写真に位置情報を埋め込まれたくないからです。

しかし、たまに位置情報付きの写真を撮りたくなる場面があります。
そんなときにはカメラの位置情報の使用を許可する必要があるのですが、これが地味に面倒です(「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「カメラ」と深い階層までたどる必要がある)。

そこで、ワンタップで 「位置情報サービス」の画面 を開くショートカットを作ってみました。

スポンサーリンク

ショートカットのレシピ

アクションが1つだけの非常に簡単なものです。

iPhoneやiPadが採用しているURLスキーム1を利用することで、「URLを開く」アクションによって目的の設定画面を開くことができます。

URLスキームの一覧は以下のサイトに載っています。

ただし、このショートカットで開けるのは「位置情報サービス」までです。
本当はそのさらに下の「カメラ」を開きたいのですが、どなたか良い方法をご存じないでしょうか。

脚注

  1. URLの形式でアプリを操作する仕組み

コメント

タイトルとURLをコピーしました