【iPhone ショートカット】現在地と帰宅時刻を自動でメールする

スマホ

私は仕事で車で出張し、そのまま自宅に直帰することが多いです。

帰宅時間がバラバラになるので、現地を出発する前に「今から帰ります。到着時刻は○○時ごろです。」というようなメールを家族に送るようにしています。

このメール作成をショートカットで自動化してみたのでご紹介します。

Amazonでよく買い物をするあなたへ

Amazonプライム(月額税込み500円)に登録すると……
  • 対象商品のお急ぎ便やお届け日時指定便が無料
  • 10,000本以上の映画やテレビ番組が見放題
  • 1,000冊以上の電子書籍が読み放題
  • 30日間の無料体験あり(無料体験期間中のキャンセルも可能)
\ そのほかの特典もチェック /

このショートカットでできること

出発前にショートカットを実行するだけで、

「今から帰ります。([出発地])。〇時×分ごろ(約△分後)に到着予定です。」

というメールを自動で作成できるようになります。

レシピの全体像

何度試しても画質が低下してしまいます。申し訳ありません。
次に分解した図を載せますのでお許しください。

レシピの説明

ここからは各アクションの説明をしていきます。
※アクションによっては、入力としてマジック変数を指定する必要があります。

現在地の取得

まずは位置情報から現在地を取得します。

そのままでは長ったらしい情報になるので、市区町村と番地だけを抜き出しています。

ここでいう市区町村と番地なのですが、

  1. X県A市B町C1丁目
  2. X県A市B町1丁目
  3. X県A市D1丁目
  4. X県E町F1丁目

というような地名の場合、1~3の市区町村はA市、4はE町になります。
それより後はすべて番地扱いです。

さて、市区町村と番地を抜き出したら、いったんリストに格納した後に空白で結合しています。

その後、「1丁目」や「1番地」といった部分を削除するため、正規表現を利用しています。
アクション中にある正規表現は、「最初に出てきた数字以降をすべて削除する」といった意味です。

削除している理由は、あまり精度が良くなくて入れる意味が無いのと、プライバシーへの配慮です。

ショートカットで使える正規表現については、下の記事をご覧ください。

正規表現 使用上の注意 | ショートカットAppアクションリファレンス
iOS用アプリ「ショートカット」(旧称Workflow)のクイックリファレンスです。

ショートカットの正規表現はThe ICU Regular Expressionsに準じているとのことです。

現在時刻の取得

現在の日付を取得し、HH時mm分の形式にフォーマットすることで現在時刻を取り出します。

メール本文の作成

テキストアクションでメール本文を作成しています。

本文中に{}が入っているのは、後で必要な情報を置換で埋め込むための目印です。
書き方に特に決まりはありませんが、私はPythonでの書き方に倣いました。

作成した直後に、置換によって現在地を本文に埋め込んでいます。

移動時間の算出

現在地から目的地(自宅)までの車での移動時間を計算します。

目的地や交通手段は適宜変更してください。

到着時刻の算出

まず移動時間を5桁の小数位にフォーマットすることで、秒数に変換しています。

次に、移動時間(秒)を現在の日付に加算することで、到着時刻を算出します。

最後に、HH時mm分の形式にフォーマットし、メール本文に埋め込みます。

件名の作成

テキストアクションで件名を作成し、現在地と現在時刻を埋め込みます。
入れる情報はお好みで。

メールを送信

作成した本文と件名からメールを作成して終了です。

おわりに

ショートカットを作成するとSiriから実行することもできるので便利です。
ただし、送信ボタンは自分で押す必要があります。

このレシピが参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました