【保存版】はてなブログからWordPressへの移行手順 〜WordPressの設置編〜

ブログ運営

このブログは、当初はてなブログ(無料版)からスタートしました。

スタートから約半年後にはてなブログProを契約し、2020年12月にはWordPressへ引っ越して今に至ります。

このシリーズでは、はてなブログからWordPressに移行するための手順を画像つきでご説明していきます。
参考サイトもご紹介しますので、後進の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

はてなブログ側での準備

引っ越しにあたり、まずははてなブログでの準備作業を行います。

外部サービスとの連携解除

はてなブログとTwitter・Instagramなどを連携されている方は、全て解除してください
でないと、Wordpressとの連携がうまくいかなくなります。

『アカウント設定』→『外部サービス連携』を開き、全ての連携を無効にしてください

データのエクスポート

記事のデータを一つのファイルとして取り出します。

『設定』→『詳細設定』にある『エクスポート 記事のバックアップと製本サービス』をクリックします。

次に表示された画面で、『エクスポートする』をクリックしてください。

暫く待つとダウンロードができるようになります。

はてなブログProを契約済みの方で、キーワードリンクがそのままになっている方は、あらかじめ『記事にキーワードリンクを付与しない』にチェックを入れてください。

その後、はてなブログからキーワードリンクが消えていることを確認してからエクスポートをしてください。

はてなブログ無料版の方は、WordPress移管後にキーワードリンクを手作業で削除していくことになります
面倒なら、1ヶ月分だけはてなブログProに登録し、キーワードリンクだけ削除してしまうのもありでしょう。

サーバーの用意

次に、サーバー1の用意をします。
サーバーの用意はブログサービスからの脱却の第一歩です。

サーバーの提供業者はいくつかあるのですが、

  • 安定性
  • 信頼性

の面から、私は『エックスサーバー』を選びました。

エックスサーバーには料金プランがいくつかあるのですが、通常のブログであれば最安プランで十分です

それでは、実際にサーバーの用意をしていきます。

まず、エックスサーバーのサイトにアクセスし、中央の「お申し込みはこちら」をクリックします。

10日間の無料期間があるため、気に入らなければあとから解約できますのでご安心を。

次に、

  • サーバーID
  • プラン
  • オプション

を選びます。

サーバーIDホームページのアドレスとは全く関係ないため、デフォルトのものでも問題ありません。

プランについては、前述のとおり最安の『X10』で十分です。

WordPressクイックスタート』のオプションは不要なので、チェックはしないでください
これを利用すると無料期間がなくなる上、今後の設定のじゃまになるので良いことはありません。

次に、アカウントの情報を入力します。

広告メールが不要な方は、下の方にある『インフォメーションメールの配信』のチェックを外しておきましょう。

その後、入力したメールアドレス宛に確認コードが届くので入力します。

必要事項を入力後、このようなメールが届けば登録完了です。

最初の10日間は無料で使える試用期間です。

しかし、試用期間内に入金しないと契約解除となり、せっかく設定したサーバーが消えてしまいます

そのため、使用感に納得できたら早めに入金することをおすすめします。

ドメインの取得

次に、ドメイン2を取得します。

すでに独自ドメインをお持ちの方は『ドメインの設定』まで読み飛ばしてください。

ドメインを提供する業者にも様々ありますが、私は『お名前.com』を利用しました。

「定番の業者だから」という適当な理由で選んだのではなく、有名どころからマイナーな業者まで色々と検討した結果お名前.com一番良いとの結論に落ち着いたのです。
詳しい検討内容を知りたい方は、こちらの記事の最初の方をご覧ください。

それでは、ドメインを取得していきます。

まず、お名前.comにアクセスします。

次に、検索ボックスに欲しいドメイン名を入力し、検索ボタンを押します。

よくある『www.○○.com』の『www』の部分はサブドメインと呼ばれています。

サブドメインは後から設定できますので、ドメイン取得時には『〇〇.com』の形で取得してください。

すると、下のような画面になります。

好きな末尾にチェックを入れ(上の写真では『.com』を選択しています)、『料金確認へ進む』をクリックします。

特にこだわりがなければ『.com』が最も無難です。
ランニングコストも安いのでおすすめします。

サーバーの利用の有無を聞かれますので『利用しない』を選び、お好きなメールアドレスとパスワードを入力して『次へ』をクリックしてください。

必要な個人情報を入力し、『次へ進む』をクリックしてください。
あとからWhois公開代行を設定しますので、これらの情報が公表されることはありません

最後に支払い方法を選択し、『申込む』をクリックします。
クレジットカードの場合、自動更新が設定されるので安心です。

申し込みの前に、『選択した商品』の中にWhois情報公開代行が含まれていることを念の為にご確認ください

また、申込画面の下の方にレンタルサーバーを選ぶ場所がありますが、どれにもチェック入れないようにご注意ください。

チェックを入れるとドメインとサーバーが自動的に関連付けられ、なんの準備もしていないホームページが公開されてしまいます

これにてお名前.comでのドメイン取得は完了です。
お疲れさまでした。

ドメインの設定

ここでは、サーバーとドメインの関連付けを行います。

すでにはてなブログで独自ドメインをお使いの方へ。

本項の作業後にあなたのブログのアドレスにアクセスしても、依然としてはてなブログが表示されます
ワードプレスの公開前にじっくりと準備ができますのでご安心ください。

まずはエックスサーバーのトップページにアクセスし、右上のメニューからログインします。

ログインしたら、『サーバー管理』をクリック。

管理パネルから『ドメイン設定』を選びます。

『ドメイン設定追加』から、ご自身が取得したドメインを入力します。

この時、『無料独自SSLを利用する』はチェックを外しておいてください
SSLはホームページ公開後に設定します

逆に、『高速化・アクセス数拡張機能〜』にはチェックを入れておきましょう

これで、サーバーとドメインの関連付けが完了しました。

WordPressのインストール

次に、サーバーにワードプレスを設置(インストール)します。

先程と同様にサーバー管理パネルにアクセスし、『WordPress簡単インストール』をクリックします。

必要事項を入力します。

サイトURLは特に変更する必要はありません。
ドメイン名のあとの『/』以降は空欄で大丈夫です。

ブログ名は、現時点では入力しなくても良いです。

ユーザー名パスワードメールアドレスはお好きなものを入力してください。
ユーザー名とパスワードは後からワードプレスへのログインに必要になりますので、必ず記録しておきましょう。

キャッシュ自動削除は『ONにする』、データベースは『自動でデータベースを生成する』を選んでください。

hostsファイルの書き換え

このままでは、新しいホームページはまっさらの状態です
そんな状態のページを公開するわけにはいきません。
すでにはてなブログで運営している場合はなおさらです。

そこで、自分のパソコンでだけ新しいホームページが見られるように『hosts』ファイル3を書き換えます。

この作業については、こちらのページに詳しく書かれています。

Windowsをお使いの方はこちらのページも併せて参考にしてください。

WordPressの設定

ここまでの作業、お疲れさまでした。
あとはワードプレスをカスタマイズして公開するだけです。

設定画面へは『ドメイン名/wp-admin』でアクセスできます

私が行った設定については、次の記事をご覧ください。

脚注

  1. ブログの入れ物のようなもの。
  2. インターネット上の住所のようなもの。
  3. 「このアドレスが入力されたらこのページを表示する」とパソコンに指示するためのルールブックのようなもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました