【注意】クレジットカードの怖い機能3選

お金

「クレジットカード=借金=危険」と決めつけて使わないのは不便ですしもったいないですが、使い方には注意が必要なのもまた事実です。

この記事では、使わないほうがいいクレジットカードの機能を3つご紹介します。

スポンサーリンク

リボ払い

「リボ払い」とは「リボルビング払い」の略称です。

リボルビング払いとは、「毎月の支払額を一定の金額に固定し、その金額を上回った分の支払いは翌月以降に繰り越す」支払い方法です。

繰り越された部分は平たく言えば借金となり、手数料(利息のようなもの)がかかります

例えば、今月のクレジットカードの利用額が5万円だとします。

リボ払いで支払額を1万円に固定した場合、今月分の支払額(銀行口座から引き落とされるお金)は1万円ですみます。
しかし、残りの4万円は借金になります。

次の月の利用額がまた5万円だとします。
その月分の支払額は1万円+手数料です。

ここまでで、借金の総額は8万円になっています。

このように、リボ払いを利用し続けるとあっという間に借金が増えていきます。
さらに、手数料も高めに設定されていることが多いので注意してください。

キャッシング

「キャッシング」とは、クレジットカードを使って現金を借りる機能です。

まごうことなき借金です。
使わないに越したことはありません。

3回以上の分割払い

買い物でクレジットカードを使うと、分割払いをすることができます。

しかし、3回以上の分割払いには手数料(利息のようなもの)がかかります
例えば、5万円のものを5回払いで払えば、月々の支払いは1万円+手数料です。

この手数料、けっこう高めなので注意してください。

逆に言えば、2回までの分割払いは手数料無料で使えます。
さらに、ボーナス月での一括払いも手数料は無料です(楽天カードの場合)。
うまく活用してください。

おわりに

この記事ではクレジットカードの3つの注意点をご紹介しました。
これらの機能さえ使わなければ、クレジットカードは現金と同じ感覚で使えます。

むしろ、現金を引き出す手間がかからないだけクレジットカードのほうが便利です。

初めてクレジットカードを作るなら、楽天カードをおすすめします。
年会費が無条件で無料なうえ、ポイントが貯まりやすいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました