ファンティアにてSTLデータ無料配布中!データは随時追加予定。

座面が高すぎる椅子のキャスターを交換して低くする方法

雑貨

「この椅子、もう少し低ければな…」と思うことはありませんか?私が先日買った椅子も座面が微妙に高く、座っていると体が痛くなりました。

そこで、椅子のキャスターを固定脚に交換して低くしてみました。今回はその作業方法をご紹介します。
キャスターが固くて外れない時の対処法も書きましたので、お困りの方はぜひ参考にしてください。

問題点

先日、椅子を新調してコイズミ JG-6に変えたのですが、座面高を最低まで下げてもまだ高く、使っている机と体格に合いません。これでは座った時に腕が上がった不自然な姿勢になり、体が痛くなってしまいます。

ご参考までに椅子と机の高さを書いておきます。

  • 今まで使っていた椅子の座面高:約39〜50cm
  • コイズミ JG6の座面高:43〜52cm
  • 机の高さ:約70.5cm

キャスターの高さは、地面から付け根までで約7cmです。

解決法

JG6のAmazonレビューを参考に、キャスターを固定脚(SANWA SUPPLY OAチェア用固定脚 SNC-ADJST)に交換して座面を低くします。

しかし、固定脚では椅子の移動が不便になります。
そこで、脚にカグスベール 丸型を貼ることで椅子が動かしやすくできます。

作業内容

まず、作業をしやすいように背もたれと肘掛けを外します。

次に、椅子をひっくり返してキャスターを外します。手の力で外れない場合は、ゴムハンマーでたたいてください。

ゴムハンマーとはその名の通りゴムでできたハンマーで、対象物を傷つけずに叩くことができます。
DIYの必需品。

外したキャスター。

キャスターは上の写真の左のように、金属棒がついた状態で外れます。
右側の金属棒は、次に述べる方法によってキャスターから引き抜いたものです。

キャスターが外れない時の対処法

今回、5つあるキャスターのうち2つがどうしても外れませんでした。
ウォーターポンププライヤーでキャスターをつかんで引き抜こうにも、軟質素材のためキャスターが変形するだけでらちが明かず…

そこで、本来は金属棒がついた状態でキャスターが外れるところを、まずはキャスターを金属棒から外し、そのあとに椅子に残った金属棒をプライヤーでつかんで引き抜くことにしました。

まずは脚の金属部分(写真の赤丸付近)をヒートガンで加熱し、キャスターに埋まった金属棒に熱を伝えます。

変形するかもしれないので、ヒートガンの熱風はキャスター本体のプラスチック部分には当てないでください。

脚を手でぎりぎり触れるくらいまで加熱したら、キャスターをゴムハンマーでたたくとキャスターだけを外せました。
その後、椅子に残った金属棒をウォーターポンププライヤーで引き抜きます。ただし、プライヤーで金属棒を直接つかむと傷がつくので注意。布を何重かに巻き付け、その上からつかむことをおすすめします。

最後に、
カグスベール
を貼った固定脚を椅子に押し込みます。

キャスターの取り外しに手こずらなければ、作業は短時間で終わると思います。

結果

地面から脚の付け根までの高さは約4cmとなり、もとのキャスターより3cmほど低くなりました。

おかげで、机の高さに椅子を合わせられるようになりました。これで肩こりや腰痛にならずにすみそうです。

ただし、問題もあります。カグスベールのおかげで椅子の移動は思ったよりは楽ですが、やはりキャスターほどスムーズではないです。私のように、複数の机を行き来する必要がある人にはお勧めできません。
あと、座ったまま椅子を移動する際、抵抗が大きくなった分、座面のスライド機構に余計な負荷がかかっている感じがします。

椅子ではなく机を高くするほうが良かったかもしれません。

追記

やはり固定脚では移動に不便なので、純正よりも少し低いキャスターに交換しました。
キャスターを交換して椅子を低くしよう

さらに、机のほうを高くしました。これで万事解決。
低い机を脚の延長で高くする方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました