【本】WORLD WAR Zの紹介と感想

おすすめの本

この本はいわゆるゾンビもので、ノンフィクションの体で書かれたフィクション(モキュメンタリー)です。

世界がゾンビとの戦いに勝利した10年後が舞台で、当時の戦いに身を投じた人たちを取材し、証言を集めたという、なかなか凝った設定になっています。

スポンサーリンク

世界観

ある時、世界中にゾンビが蔓延し人類は大パニックに陥った。

約10年にわたる「ゾンビ戦争」の末、人類はかつての領土の大部分を取り戻した。

そこからさらに10年後、世界中の人々からかつての大パニックやゾンビ戦争の証言を集めて作られたのが本書である。

感想

設定がち密に考えられており、物語にかなりのリアリティがあります。

そのリアリティは作者の豊富な知識によって支えられており、読んでいて面白いと同時に迫力を感じられます。

ゾンビものではありますがゾンビの話に終始するのではなく、個人、民族、国家といった様々なスケールで話が展開されるため、作中世界の様子を明瞭に想像できます。

人類がゾンビに勝利するまでの経過や作戦にもとても説得力がありました(国によってアプローチが異なり、例えばアメリカはお得意の物量+人海戦術です)。

各話の最後に、現実もしくはフィクションの用語に対する脚注が細かく入っているのもノンフィクションらしくて気分が盛り上がります。
おかげで最新技術に関する知識も増えました(次世代型大気圧潜水服「エクソスーツ(Exosuit)」、宇宙作業用ヒューマノイド「ロボノート」など)。

参考:Exosuit | Nuytco Research Ltd.What Is Robonaut? | NASA

登場人物も各々がきちんとした背景を持っており、巧みな描写と相まって容易に感情移入ができます。
そのせいで、フィクションと分かっていても読んでいるうちに息苦しくなってくるのですが。

不満があるとすれば、物語に日本がほとんど登場しないこと。

日本人の登場人物は2人のみで、日本の国土を回復できたのかはっきりとは述べられていません。
また、日本の集団避難先がカムチャッカなのですが、これがどのような経緯で決定したのか、日本政府とロシア政府の間でどのようなやり取りがあったのかなども一切述べられておらず、このあたりが少し消化不良に感じました。

総評としては月並みな感想になりますが、とても面白かったです。

私は3日かけて一気に読めました。

ゾンビものや架空戦記が好きな人なら間違いなく楽しめる本だと思います。

ゾンビものや大ヒットゲーム『バイオハザード』がお好きならこちらの本もおすすめ。
世界観や雰囲気をうまくとらえており、読みごたえがある。

ただし、絶版本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました