心洗われる狐のお宿 『このはな綺譚』

今回は、私が大好きなマンガをご紹介します。
あの世とこの世の狭間にある、狐たちが仲居をするお宿の物語で、タイトルは『このはな綺譚』といいます。

感想

物語の舞台は、あの世とこの世のはざまにある温泉旅館「此花亭」です。

そこでは狐が仲居をしており、訪れた客や仲居たちとの交流が描かれています。

登場人物は基本的に狐をはじめとする妖怪変化で、その日常を1話完結の形式で描いた話が多いです。
これだけ聞くと退屈そうと思われるかもしれませんが、自分の生き方や他人との関わりについて考えさせられる・気づかされるような話が多く、なかなか示唆に富んでいます。

主人公の狐は「柚」という名前の女の子なのですが、とにかくこの娘の心が綺麗すぎます。
どんな悪意を抱いた人物でも、この娘の前では心洗われてしまうのではないかと思うほどです。

その柚の言葉で、とても印象に残っているものがこちらです。

「なぜ自ら命を断ってはいけないのか?」…というお話ですが(中略)わたしはこう考えます。「死にたい」という願いの前に叶わなかった願いがあるのでは?…と

このはな綺譚 10巻 pp70〜71

この言葉は、作中で自ら死のうとした人に投げかけられた言葉です。

私も一時期とてもつらく、毎日死にたいと考えていたのですが、柚のこの言葉を胸に抱いて今日まで生きてこられました。
大げさではなく、私はこの言葉に救われたのです

このはな綺譚』には、こうした思わずハッとさせられるような言葉で溢れています。
もしも絵柄が嫌いでなければ、ぜひ一度読んでみてください。

原作はまだ完結していませんが、2017年にはアニメ化されています。
美しい映像と物語がよくマッチしていて、原作とはまた違った良さがあり、こちらも大好きです。

作業しながら”聴ける”本

「本を読みたいけど、忙しくて時間がない…」
という悩みはありませんか?

1日は24時間しかありませんから、忙しいとどうしても読書の時間を削ってしまいます。
しかし、現代は変化が非常に早い時代であるため、常に新しい知識を仕入れないとあっという間に取り残されてしまいます。

そこで、おすすめなのが「耳から情報を入れる」方法です。
一昔前ならラジオくらいしか選択肢がありませんでしたが、今では本を耳で聴くサービスもあります。

Amazonの『Audible』は、プロの朗読で本を聴けるサービスです。
聴くだけで本の内容が頭に入るため、家事の最中やスキマ時間にも次々と新しい知識を身につけられます

最初の1ヶ月は無料です。

無料で体験する

\気に入ったらシェアしてください/
ジョー・ヒタギをフォローする
よろず便利帖

コメント

タイトルとURLをコピーしました