おすすめ本のまとめ その2(2+2冊・2020年1月)

2020年1月に読んだ本の中で面白い・ためになったと思ったものを、一口感想とともにご紹介します。

気になる本があったら、ぜひ個別記事をご覧ください。
小説については極力ネタバレに注意して書いていますのでご安心を。

前回の記事はこちら。

「大人」になるための教科書

よのなかルールブック&生き方ルールブック

大人になるための心得を50個ずつ紹介した絵本です。
見開き1ページに1つの心得とイラスト、短い解説が書かれており、とても内容が理解しやすいです。

私見ですが、2つの本はどちらも「楽に生きられる大人」になるための指南書といえると思います。
大人が読めば、「こどものうちに読みたかった」と思うことうけあいです。

おまけ1:お金の教科書なら「13歳からの金融入門」

大人になるとお金の問題は避けては通れません。
そこで、お金の教科書『13歳からの金融入門』の出番です。

たとえば「レバレッジ」や「オプション」といった金融用語が簡単な言葉で解説されており、こどもから大人まで大いに役立つことでしょう。

おまけ2:心洗われる狐のお宿の物語「このはな綺譚」

この機会に私が大好きなマンガ『このはな綺譚』を紹介させてください。

この漫画は、あの世とこの世のはざまにある温泉旅館「此花亭」で働く狐の中居たちの物語です。

基本的には1話完結で、仲居や訪問客の日常を描いた話が中心です。
そうきくと退屈そうと思われるかもしれませんが、自分の生き方や他人との関わりについて考えさせられる・気づかされるような話が多く、なかなか示唆に富んでいます。

探偵も犯人も人工知能!

探偵AIのリアル・ディープラーニング&犯人IAのインテリジェンス・アンプリファー

タイトル通り、探偵も犯人もAIの一風変わった探偵小説です。
警察の捜査資料をディープラーニングすることで探偵としての能力を得た人工知能「相以(あい)」が事件を解決していきます。

相以には双子の人工知能「以相(いあ)」がいるのですが、こちらは「犯人」として事件を起こす力を持っています。
以相は相以の対戦相手となることで相以の能力を高める1べく生み出されました。
その以相がテロ組織に奪われてしまったところから物語が始まります。

脚注

  1. この手のアプローチは現実のAI開発でも使われており、敵対的生成ネットワーク(GAN)と呼ばれる。

作業しながら”聴ける”本

「本を読みたいけど、忙しくて時間がない…」
という悩みはありませんか?

1日は24時間しかありませんから、忙しいとどうしても読書の時間を削ってしまいます。
しかし、現代は変化が非常に早い時代であるため、常に新しい知識を仕入れないとあっという間に取り残されてしまいます。

そこで、おすすめなのが「耳から情報を入れる」方法です。
一昔前ならラジオくらいしか選択肢がありませんでしたが、今では本を耳で聴くサービスもあります。

Amazonの『Audible』は、プロの朗読で本を聴けるサービスです。
聴くだけで本の内容が頭に入るため、家事の最中やスキマ時間にも次々と新しい知識を身につけられます

最初の1ヶ月は無料です。

無料で体験する

\気に入ったらシェアしてください/
ジョー・ヒタギをフォローする
よろず便利帖

コメント

タイトルとURLをコピーしました