コミュ障のためのブラック研究室の見分け方

大学生活

過重労働が問題となるブラック企業ですが、研究室にもいわゆる「ブラック研究室」が存在します。

自分の心と体を守るためにも、ブラック研究室の見分け方を知っておくことが重要です。

なお、本記事でのブラック研究室とは

  • 長時間拘束される
  • 人間関係が(コミュ障にとって)悪い

ものを指します。

スポンサーリンク

周りの評判が悪い

まずは情報を集めるのが先決です。
友人・知人・先輩から気になる研究室の評判を聞き出しましょう。

ボス(教授など)の中には、研究室に配属された途端に豹変するタイプもいるので要注意です。
私の大学にも、講義の時は普通に見えるのに、研究室では怒声が日常茶飯事の教授がいました。

この噂集めは、我々コミュ障には少々ハードルが高いかもしれません。
そんな場合は、他人のおしゃべりに聞き耳を立てたり、実際に研究室を見に行ったりするのも有効です。

不自然にメンバーの仲が良い

研究室見学の際に、やたらと「メンバーの仲の良さ」を強調してきたり、ホームページにバーベキューやゼミ旅行の話題が多く載っていたら要注意です。

こうした研究室ではメンバーの時間を過剰に拘束する傾向があるため、ブラックの可能性が高いです。
また、共通の敵(ボスや過重労働)に立ち向かうため、自然と団結力が高まっている場合もあります。

ただし、人によってはこのような濃い関係が心地よい場合もあるため、一概にブラックとはいえません。
が、少なくとも、コミュ障の人には居づらい環境と言えるでしょう。

メンバーの仲が悪い

逆に、メンバーの関係がギスギスしすぎなのも居心地が悪いです。

こうした場合は、ボスやメンバーにトラブルメーカーがいるか、過重労働で疲弊している可能性があります。

「仲が良くても悪くてもダメだなんて矛盾しているだろ」と言われそうですが、あくまで程度が問題なのです。
私見ですが、ほどほどに仲が良いか、ビジネスライクでドライな研究室のほうが、コミュ障にとっては居心地が良いと思います。

コアタイムが長い

「コアタイム」とは、「研究室にいなければならない時間帯」です。

コアタイムがやたらと長い(8時〜18時など)研究室は、メンバーに過重労働を強いている危険があります。

ちなみに、私が所属していた研究室にはコアタイムはなく、各人は好きな時間に来て好きな時間に帰っていました。
とても過ごしやすかったです。

宿泊セットが用意されている

研究室に宿泊するための設備がある=長時間勤務になる可能性大です。

研究室見学の際に、先輩にそれとなく「研究が長引いたら泊まれる設備はありますか?」と質問してみましょう。
「寝袋があるから安心して」などとの答えが返ってきたら要注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました