【就活】適性検査は正直に答えるべきか?

大学生活

最近の就職活動で多く採用されている「適性検査」。
これに正直に答えるべきか、それとも自分を良く見せるような回答をすべきか悩む人も多いのではないでしょうか。

実は、こうした性格検査についてあまり知られていない意外な事実があります。

スポンサーリンク

性格検査で仕事のパフォーマンスは予測できない

科学的な適職』によると、性格検査によってその後の仕事のパフォーマンスを予測することはできないとされています。
上記の本は学術論文に基づいて書かれていますので、科学的な信頼性はかなり高いと思います。

つまり、そもそも適性検査なんてあてにならない可能性が高いということです。

では、どうすべきか?

適性検査が仕事のパフォーマンスを正しく予測できないのであれば、正直に答えるかどうかは個人の判断で良いと思います。

どうしても受かりたい企業がある人は多少自分を良く見せるような回答をしても良いですし、入社後にうまくいかなかったときに「適性検査に正直に答えなかったせいだ…」と思い悩む人であれば正直に答えても良いでしょう。

ようするに、自分が後悔しない選択をすれば良いのです。
どのみち適性検査(面接やインターンシップでさえも!)で仕事のパフォーマンスは測れないのですから。

ただし、回答間の整合性には注意してください。
あまりにも乖離があると「正直に答えていない」と判断される恐れがあります。

おわりに

科学的な適職』には「どのような視点で仕事を選ぶべきか」や「どのような視点で仕事を選んではいけないか」が科学的根拠とともに詳しく解説されています。

科学的に因果関係が実証されている性格診断も掲載されていますので、就活中のかたはぜひご一読ください。

Amazonプライム会員なら電子版が無料で読めます。Amazonプライム会員は無料体験もありますのでこの機会にぜひどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました