ファンティアにてSTLデータ無料配布中!データは随時追加予定。

メモリの選び方【スリムケースでハイスペックPCを自作する その4】

パソコン

マザーボードが決まったら、メモリを選ぶことができます。
メモリ選びにもセオリーがありますので、この記事で解説していきます。

前の記事はこちら。

【スリムケースでハイスペックPCを自作する】シリーズのまとめ(目次)記事はこちら。

メモリの選び方

メモリとは、CPUが使うデータを一時的に格納するためのパーツです。

メモリはよく机の広さに例えられます
すなわち、メモリが大きい=机が広い と一度に出しておけるデータの量も多くなり、処理速度が速くなります。

1.世代と規格を選ぶ

メモリにもCPUと同様、世代があります
2020年4月25日現在はDDR4が最新世代です。

さらに、同じ世代でもデータ転送速度の違いでいくつか種類があります
下の表に、DDR4のうち代表的な規格のスペックを載せておきます。

規格メモリクロック(MHz)帯域幅(MB/s)
DDR4-2133213317000
DDR4-2400240019200
DDR4-2666266621300
DDR4-3200320025600

規格の数字が大きくなるほど性能も高くなります。
しかし、いくら性能が高くても、マザーボードが対応していなければ宝の持ち腐れです

今回選定したマザーボードのASRock H370M Pro4は、DDR4-2666までしか対応していません。(公式サイトの対応表はこちら

つまり、DDR4-3200を搭載したとしても問題はありませんが、お金のムダということです。
逆にDDR3世代を搭載すればメモリはフル稼働するでしょうが、今度はマザーボードの性能を引き出せなくなってしまいます。

また、規格の数字が高いほど高性能とはいえ、同じ世代なら体感できるような差はありません
そのため、高価なメモリを買うよりもCPUにお金をかけたほうが良いでしょう。

2.メモリサイズを選ぶ

前述の通り、メモリサイズは机の広さのようなものです。
そのため、メモリは大きいほうが高性能ではあります。

しかし、実際には8GBもあれば困ることはありません
ただし、8GBより減らすのは絶対におすすめしません。動作がかなり重くなる恐れがあります。

また、同じ8GBなら8GB×1枚より4GB×2枚のほうが処理速度が高いです
これは、片側1車線の道路より片側2車線の道路のほうが渋滞しにくいのと同じで、データを二手に分けて送ったほうが処理がスムーズになるのです。

CORSAIR CMK8GX4M2A2666C16 4GB×2枚キット

以上を踏まえ、私はCORSAIR CMK8GX4M2A2666C16 4GB×2枚キットを選びました。

特長は次の3点です。

  • アルマイト製のヒートシンク搭載で放熱性が高い(=性能を発揮しやすい)
  • 高さが33.5mmに抑えられているためスリムケースでも安心
  • 有名なCORSAIR製

ちなみに、このメモリの規格はDDR4-2666です。

鋭い方は「先ほどの理屈ならDDR4-2133にするべきじゃないか」と思われたかもしれません。
しかし、私が購入した当時は、同じシリーズであればDDR4-2666のほうが安かったのです。

その理由はおそらく、CMK8GX4M2A2666C16は比較的新しい製品だったため、公式に対応を宣言しているマザーボードが少なかったためだと思います。

たまにこうしたことがあるため、Amazon等の『関連商品』欄も要チェックです。

ちなみに、このメモリは見た目もかっこいいです。

次の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました