CPUの選び方【スリムケースでハイスペックPCを自作する その1】

パソコン

自作PCを作るとき、まず初めに選ぶべきはCPUです。
なぜなら、マザーボードは特定のCPUにしか対応していないため、CPUを選ばないとマザーボードも決められないからです。

もちろん、CPUはPCの性能を決める最も重要な要素という理由もあります。

【スリムケースでハイスペックPCを自作する】シリーズのまとめ(目次)記事はこちら。

スポンサーリンク

1.メーカーを選ぶ

現在、CPUのメーカーは次の2つです。

  • Intel
  • AMD

どちらでも性能はあまり変わりませんが、私は早い段階からIntelと決めていました

その理由は、ソフトウェアによってはAMDと相性が悪いものがあるからです(特にフリーソフト)。
インテルは昔からメジャーなメーカーのため、そうした心配はほとんどありません。

2.世代を選ぶ

メーカーが決まったら、次に世代を選びます。

制作時点での最新世代は第9世代です。
しかし、第9世代は最新のため値段が高く、第8世代と比べてそれほど劇的な進化はなさそうでした。

というわけで、第8世代に決めました

3.モデルを選ぶ

最後にモデルを選びます。

インテルのCPUには

  • i5
  • i7

の2つがありますが、i7のほうが性能は上です。
第八世代を例に挙げると、i5は最大でも6コア・6スレッドであるのに対し、i7は最大6コア・12スレッドです。

簡単に言えば、どちらも6個の頭脳(コア)で構成されている点は同じ。
しかし、i5は1つの頭脳が1つの作業しかできないのに対し、i7は1つの頭脳で2つの作業を同時にこなせるため、i7のほうが高性能なのです。

ただ、第8世代のi5なら必要十分な性能を持っていそうでした
前述の通り、実際に画像編集・動画編集・3DCADなどを使いましたが、特に困ったことはありません(ただし、ゲームなどを快適にプレイしたいならグラフィックボードが必要になる場合があります。これはi7でも同じです。)
VRにも対応しています

そんなこんなで最終的に選んだのはCore i5-8600Kです。

「K」がついたモデルはオーバークロック1が可能なため、スペック不足を感じたら処理能力を引き上げられます
なお、1年半ほど使っていますが、オーバークロックが必要な場面はまだありません。

H370チップセットではオーバークロックは不可能です。
オーバークロックさせるには、Z370を搭載したマザーボードが必要です。

ご参考までに、8600Kと無印の8600のスペックを載せておきます。
8600Kのほうが通常時のクロック周波数が高いです。

製品名コア数スレッド数ベース周波数(GHz)ターボ・ブーストでの最大周波数(GHz)
Core i5-8600K663.604.30
Core i5-8600663.104.30
出典:製品仕様 第 8 世代インテル® Core™ i5 プロセッサー
※ターボ・ブーストとはCPUの処理能力を一時的に上げるIntel独自の技術。オーバークロックとは別物で、必要な場面で自動的に作動する。

アルファベットが末尾についているモデルのうち、「K」以外は無印よりも性能が低いです。

次にご紹介するマザーボードはインテルの第9世代にも対応しているため、5~10年後にスペック不足を感じたら第9世代にアップグレードしても良いかもしれません。

次の記事はこちら

脚注

  1. CPUを通常よりも高いクロック周波数で動作させること。故障のリスクがあり、メーカー保証の対象外となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました