ファンティアにてSTLデータ無料配布中!データは随時追加予定。

【完全防水・割れない】フルカバー型スマホケース『catalyst』のレビュー(+プチカスタム)

スマホグッズ

あなたはスマートフォンにカバーを付けていますか?
画面には保護フィルムも貼っているでしょうか?

もしもスマートフォンの全面を覆うカバーがあったとしたら、そのカバーを付けるだけでスマホ本体も画面も守れます

しかも、そのカバーが防水防塵(水深10m、IP68)で、2mからの落下に耐えるような代物だとしたらどうでしょうか?
きっと、スマートフォンをあらゆるダメージから守ることができることでしょう。

今回は、どんな環境でも安心してスマホを使えるようになる『catalyst』の防水ケースをご紹介します。

私はiPhone XRを使用しているのでご紹介するケースもXR専用ですが、catalystにはほかのiPhoneAndroid端末AirpodsiPadに対応したケースもラインナップされています。

詳しくは代理店公式サイトをご覧ください。

7000万曲が聞き放題

無料体験をはじめる

オフライン再生もできます

外観

パッケージはかなりおしゃれでアクティブなイメージです。

パッケージ表。

表・裏の両面で水深10mまでの防水2m落下への耐衝撃性がアピールされています。

パッケージ裏。

本体は2つのパーツに分かれています。
写真左がスマホの背面用、右が表(画面)用です。

画面側はもちろんのこと、背面も透明なのでスマホの色がそのまま活かせます。
なお、透明部分は全てプラスチック製です。

詳しくは後述しますが、画面側ケースには面白いギミックが搭載されています。

装着

装着するには、まず表面用カバーにスマートフォンを入れます。

その際、サイレントスイッチ用のくぼみが水平を向くようにしてください。

スマホを入れるときには、サイレントスイッチ側から先に入れるようにすると楽です。

あとは背面のカバーをはめて…

充電端子用のカバーを閉じれば完成です。

表から見た図。

背面のカメラ部分のアップ。

フラッシュを覆う部分は、なぜか柔らかいフィルム製になっています。
鋭いものを当てないように注意

ケーブルを差し込む際には、ゴムのカバーを開きます。

特長

圧倒的な防水性能

まずなんといっても、防水性が素晴らしいです。

さすがに水深10mに入れたことはないですが、水を入れたタライに沈めて実験してみたところ、水の侵入は一切ありませんでした
もちろん、水につけた状態でもスマホの操作は可能です。

そのため、スマホが汚れたら気軽に水洗いができます
新型コロナウイルスが猛威を振る中、丸洗いできるのはかなりのメリットではないでしょうか。

ダイヤル型のサイレントスイッチ

カタリストの防水ケースを装着すると、iPhoneのサイレントスイッチがダイヤル式に変わります

下の写真はスマホケースの左側面ですが、一番上にダイヤルがあります。

上のダイヤルがサイレントスイッチ、下のボタンが音量調整ボタン。

このダイヤルを回すと、内部のサイレントスイッチを上下させることができるのです。

はっきり言って、純正の状態よりダイヤル式のほうが操作しやすいです。
ポケットの上からでも操作できますし。

もちろん、ボタン類も完全防水になっています。

右側面、電源ボタン。

通話や音楽再生ができる

このケースは通話ができる点も素晴らしいです。

安物のフルカバーケースの場合、自分や相手の声がこもったり、雑音が入ったりしてまともに通話できないことが多いです(商品説明に小さく注意書きがあったりします…)。

しかし、カタリストの防水ケースは完全にカバーをした状態で問題なく通話できます

スピーカーからの音も全く変化がないのにも驚きました。

音楽を再生していると背面のカバーがかなり振動しているため、カバー全体で音を響かせるように設計されているのだと思います。

また、こちらからの音もしっかり拾っています
その証拠に、「Hey, Siri」の呼びかけにきちんと反応します。

気になる点

カタリストの防水ケースはほぼ完全無欠といえるスマホカバーですが、いくつか気になる点や注意点があります。

画面カバーについて

カバーの構造上、気泡を完全に排除することは難しいです。

そのため、下の写真のように、画面に不規則な気泡があらわれます。

写真は装着直後なので気泡が大きいですが時間が経つにつれて小さくなっていきます
日によっては完全に消えることもありますが、基本的には少し残り続けると考えてください。

もう一点、写真にはうまく写りませんでしたが、画面フィルムには小さなドットがあり、光が当たる角度によってはうっすらと見えます。

ただ、気泡にせよドットにせよ、普通に操作したり動画を再生したりする分には気になりません

スマホが大きくなる

防水・防塵・耐衝撃ケースのため、ケース自体が分厚いです。

そのため、ケースの外枠分だけスマホが大きくなります。

だいたい、外周が8mmほど広がるイメージです。
スマホのもともとの大きさが手にあまるような場合ですと、使いにくく感じるかもしれません。

ただし、ケースの外周はゴムのような材質になっているため、純正の状態より滑りにくいです。

ボタンが固くなる

ボタンが防水ゴムで覆われるため、ボタンを押すのに少し力がいるようになります。

しかし、これは完全防水を実現するためには致し方ない部分でしょう。

コネクタポートが狭くなる

コネクタポートもカバーに覆われるため、太いケーブルは入らなくなります。

ただし、上の写真のように純正のケーブルであれば全く問題ありません

サイレントスイッチの状態が分かりにくい

ダイヤル型は使いやすいのですが、黒一色のため、現在のスイッチの状態が把握できません。

しかし、これは簡単なカスタマイズで解決できます。

私はスイッチの一部をガンダムマーカーのシルバーで着色しました。

こちらがサイレント(マナーモード)の状態。

こちらがサイレントを解除した状態。

マナーモードにするとスイッチの銀色の部分が露出するようにしてみました。

高価

カタリストの防水ケースの価格は1万円以上と、スマホケースとしては高額です。

しかし、それを補ってあまりあるメリットがあります
スマホを水たまりに落として壊したときのダメージを考えれば、安心料としては安いものではないでしょうか。

あと、画面フィルムを何回も割って買い換えることを考えても、『catalyst』を1個買うほうが結果的にはお得だと思います。

総評

『catalyst』は、現時点で唯一無二の完全防水ケースです。

防水・防塵のフルカバー型で衝撃にも強く、通話や操作が普通にできるようなケースはほかにありません

私は仕事の関係でいわゆる「工事現場」によく行くのですが、そこには水たまりもありますし、ホコリも多いです。
しかし、『catalyst』を装着したスマホであれば安心して使えますし、汚れたら水洗いもできます。

私はスマホを買い替えたとしても、同じブランドのケースを買い直すつもりです。

欠点もいくつかありますが、どれも致命的なものではありません。
水たまりにスマホを落とす恐怖に比べれば、甘んじて受け入れられるレベルです。

転ばぬ先の杖として、catalystの防水ケース非常におすすめです
特に、私のような現場仕事の方にはぜひ試していただきたいです。

上の製品はiPhone XR用です。
その他の端末をお使いの方は、Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングなどで「catalyst 端末名」と検索してみてください。

また、公式サイトから直接購入することも可能です。

家計の見直しは通信費から

「がんばって節約しても毎月カツカツ…」
そんなお悩みはありませんか?

実は、家計を見直す一番の近道は『固定費(毎月必ず支払うお金)を減らす』ことなのです。
そして多くの場合、固定費のかなりの割合をスマホの通信費が占めています。

深く考えずに大手キャリアを使い続けていると、毎月8000円以上が通信費に消えていきます。
1年間で10万円以上。もったいないと思いませんか?

しかし、格安SIMに変えれば毎月の通信費をかなり減らすことができます。
例えばJ:COM MOBILEの場合、

  • データ利用料が900円(税抜)〜
  • 端末代金込みでも1180円(税抜)〜

となっていおり、かなりの節約ができます。

もちろん、番号も端末もそのままで乗り換え可能です。

「今のキャリアからの違約金が心配…」
という方もご安心ください。
格安SIMは毎月の利用料金が破格なので、違約金なんて数ヶ月で取り戻せますよ。

月額料金を確認する



スマホグッズ スマホ
\気に入ったらシェアしてください/
ジョー・ヒタギをフォローする
よろず便利帖

コメント

タイトルとURLをコピーしました