探偵も犯人も人工知能 『探偵AIのリアルディープラーニング』&『犯人IAのインテリジェンス・アンプリファー』

今回ご紹介するのは、一風変わった探偵小説。
タイトルにもあるとおり、探偵も犯人も人工知能(AI)なのです。

本書の紹介と感想

この本は、警察の捜査資料をディープラーニングすることで探偵としての能力を得た人工知能「相以(あい)」が事件を解決していく推理小説です。

シリーズとしては現在までに2冊刊行されており、続編が下の『犯人IAのインテリジェンス・アンプリファー』です。

ちなみに、探偵の「あい」という名前は言うまでもなく「AI」に由来するのですが、「相以」の漢字が当てられている理由は作中できちんと説明されています。

さて、相以には双子の人工知能「以相(いあ)」がいるのですが、逆にこちらは「犯人」として事件を起こす力を持っています。
以相は相以の対戦相手となることで相以の能力を高める1べく生み出されたのです。

物語は、その以相がテロ組織に奪われてしまったところから始まっていきます。

シリーズ1冊目は短編集のような体裁になっていますが、個々の事件には繋がりがあるため、長編小説としてもきちんと機能しています。
シリーズ2冊目では全体で1つの事件を追う形式に改められており、より読み応えがあります。

AIらしく、手掛かりがすべて出そろった時点で即解決編となります
よくある探偵もののように変に勿体つけることはなく、とても新鮮で小気味よいです。

また、題名に「リアル・ディープラーニング」とあるように相以たちは最初から完全無欠ではなく、現実世界と触れ合う中での成長物語としての側面もあります
最初は機械らしく人間の心理を読み解くのが苦手だったり、非現実的で頓珍漢な推理をしたりするところがリアリティがあっておもしろいです。

また、AI達のキャラクターがユーモラスで愛嬌があるため読んでいて楽しいです。
相以が環境保護団体のメンバーに「なぜ牛や豚は殺しても良くて、イルカやクジラはだめなのか」と質問するシーンがあるのですが、得られた回答に対する応答がこてまた秀逸でした。

さらに、フレーム問題、シンボルグラウンディング問題といったAIにまつわる用語やAIが抱える弱点を学べるのもこの本の良いところです。
私は「IA」(Intelligence Amplification、知能増幅)という概念を初めて知りました。

最近「AI」という言葉をよく聞きますが、それがどんなものかを大まかに理解する助けにもなると思います。

主題から外れるが、私には人の言葉の裏を邪推する癖があり、褒められても「皮肉を言われているのでは」、「内心では嫌われているのでは」などと思ってしまいます。
そんな私が感銘を受け、大切にしたいと思ったのが主人公のこの言葉です。

見えない内心を分かった気になるのはやめて、見える言動を大切にしていこう。

表紙の絵の可愛らしさにつられて買ってしまいましたが、とても面白い小説でした。

脚注

  1. この手のアプローチは現実のAI開発でも使われており、敵対的生成ネットワーク(GAN)と呼ばれる。

作業しながら”聴ける”本

「本を読みたいけど、忙しくて時間がない…」
という悩みはありませんか?

1日は24時間しかありませんから、忙しいとどうしても読書の時間を削ってしまいます。
しかし、現代は変化が非常に早い時代であるため、常に新しい知識を仕入れないとあっという間に取り残されてしまいます。

そこで、おすすめなのが「耳から情報を入れる」方法です。
一昔前ならラジオくらいしか選択肢がありませんでしたが、今では本を耳で聴くサービスもあります。

Amazonの『Audible』は、プロの朗読で本を聴けるサービスです。
聴くだけで本の内容が頭に入るため、家事の最中やスキマ時間にも次々と新しい知識を身につけられます

最初の1ヶ月は無料です。

無料で体験する

\気に入ったらシェアしてください/
ジョー・ヒタギをフォローする
よろず便利帖

コメント

タイトルとURLをコピーしました